看護師転職-仕事とブランクについて

看護師という仕事は、人手が足りないと言われることがあります。しかし、看護師の資格を持っているものの看護師の仕事をしていない潜在看護師と呼ばれる人は、55万人もいるというデータがあるのです。
看護師のキャリアアップ

この55万人が看護師の仕事に就いた場合、簡単に看護師不足を解消することができます。ただ、看護師として働くことができない理由があるからこそ、ここまで潜在看護師の数が増えてしまったとも考えることができますよね。

潜在看護師の中には、職場に復帰したいと思っているものの、それができずに悩んでいる人もいるのです。その大きな理由として挙げられるのがブランクの問題です。

看護師として働いている人の中には女性が多いわけですが、妊娠や子育てのために長期にわたって休まなければならないこともありますよね。数か月から半年程度であれば、それほど大きなブランクとはいえません。

しかし、1年以上ブランクがある場合、周りの環境が変わってしまったのではないか、最新医療についていけないのではないかといろいろな不安を感じ、そのまま職場復帰を諦めてしまう人もいるようです。休業のつもりで休み始めたものの、気付けばそのまま職場を離れることになってしまったという人も珍しくないのです。

看護師資格を活かして職場復帰したいと考えているのであれば、看護師復職支援セミナーに参加してみてはどうでしょうか。また、潜在看護師を獲得するために復職支援に力を入れている医療機関も非常に多いです。

そもそも看護師という仕事は転職率が高い仕事ということもあり就職活動はそれほど難しいものではありません。特に経験豊富な看護師であれば、ブランクの年数が長くなってしまったとしても積極的に採用するように動いている病院もたくさんあるのです。

ただ、40代以上になると就職は少し難しくなってしまうことがあるので、いろいろな転職サポートサイトに登録するなどして、対策を取ってみてはどうでしょうか。


看護師復職支援セミナーとは?

看護師不足は慢性化してしまっているのが現状です。しかし、看護師資格を持っている潜在看護師が職場に復帰をすれば、それだけで看護師不足が解消できますよね。潜在看護師は非常に多いと言われていますが、そのうちのたった1割が看護師として働くことができれば、今の看護師不足は解消できるとまで言われています。

潜在看護師の中には働きたくても働けない人がいますが、そういった人に活用してほしいのが看護師復職支援セミナーです。ブランクがある看護師でも歓迎としている職場はたくさんありますよね。しかし、不安があってそういった求人にも応募することができずにいる人は多いようです。

看護師復職支援セミナーに参加することによって職場復帰に対する不安を取り除き、仕事の勘を取り戻すことができます。

看護師復職支援セミナーに参加するメリットは、なんといっても相談をしながら復帰のための活動ができるということです。復帰に関する不安を誰にも相談できずにいるという人が多いですが、看護師復職支援セミナーに参加すれば専門家からのアドバイスを受けることができます。

看護師復職支援セミナーでは、個人が希望する職場環境などの意見を聞いたうえで、どのような職場であれば無理なく復帰することができるのかをアドバイスしてもらったりできます。

看護師復職支援セミナーは転職支援サイトが開催していることも多いので、転職や就職に関して具体的なアドバイスができる人に話を聞くことができるのは嬉しいですね。ただ採用してもらえる職場を探すのではなく、自分のライフスタイルも優先しながら働ける理想的な職場を探したいと思っている人にも看護師復職支援セミナーへの参加をおすすめします。